【鬼滅の刃】ネタバレ 45話 「鬼殺隊柱合裁判」 詳細 文字バレ 感想まとめ

【鬼滅の刃】ネタバレ 45話 「鬼殺隊柱合裁判」 詳細 文字バレ 感想まとめ

CbUxJN3UAAAyLvW

273: 2017/01/12(木) 17:20:10.08
表紙 折れた日輪刀を構え、先を睨む炭治郎
煽り 呼吸は、折れない――
物語は新たなステージへ!! 新章突入記念巻頭カラー!!

後ろ手に縛られた炭治郎が眼を覚ましたのは、かつて義勇としのぶが柱としての
指令を受けたあの屋敷の庭だった。

煽り 急展開に炭治郎は――!?

顔を上げ、驚きと焦りの表情で柱たちを見上げる炭治郎
炭治郎(柱…!? 柱って何だ? 何のことだ? この人達は誰なんだ? ここはどこだ?)
見知らぬ柱たちを見て、疑問と戸惑いに包まれる炭治郎にしのぶが語りかける。
しのぶ「ここは鬼殺隊の本部です あなたは今から裁判を受けるのですよ 竈門炭治郎君」

第45話 鬼殺隊柱合裁判(きさつたいちゅうごうさいばん)
煽り 集う、蓋世(がいせい)の剣士
カラー見開き 居並ぶ柱たち しのぶと義勇も加わっている

柱とは 鬼殺隊の中で最も位の高い九名の剣士である
柱より下の階級の者たちは恐ろしい早さで殺されてゆくが 彼らは違う
鬼殺隊を支えているのは柱たちだった

モノクロページ煽り これが柱!!

炎柱(えんばしら)・煉獄 杏寿郎(れんごく あんじゅろう) 二股眉の男
杏寿郎「裁判の必要などないだろう!
鬼を庇うなど明らかな隊律違反!
我らのみで対処可能!
鬼もろとも斬首する!」
笑顔を浮かべて言い切る

音柱(おとばしら)・宇髄 天元(うずい てんげん) 宝石ターバン男
天元「ならば俺が派手に頚を斬ってやろう
誰よりも派手な血飛沫を見せてやるぜ もう派手派手だ」
顎を上げ気味で見下ろすように言い切る

恋柱(こいばしら)・甘露寺 蜜璃(かんろじ みつり) 三つ編み巨乳
蜜璃(えぇぇ… こんな可愛い子を頃してしまうなんて 胸が痛むわ 苦しいわ)
黙っているが、口元に手を当てながら炭治郎を萌え萌えで見下ろしている

岩柱(いわばしら)・悲鳴嶼 行冥(ひめじま ぎょうめい) 南無阿弥陀仏巨男
行冥「あぁ……なんというみすぼらしい子供だ
可哀想に
生まれて来たこと自体が可哀想だ」
涙を流しながら数珠を持ち手を合わせる

霞柱(かすみばしら)・時透 無一郎(ときとう むいちろう) ロン毛少年
無一郎(何だっけ あの雲の形 何て言うんだっけ)
空をぼんやり見ているだけで、炭治郎とその処遇については興味なさげ

続きます

279: 2017/01/12(木) 17:26:20.20
いつもありがとうございます!
しかしろくな奴がいねえな

続きを読む